2008年11月バックナンバー

只今鋭意制作中のナイスDVD2でUNIT-3のハイスコア映像を
担当させていただきました、CYR-せたろ~と申します。

某月某日、某所にて行われた某ティングラブ。200X
いや、某ティングじゃね~やシューティングラブ。200Xのテストプレイに縁あって参加させていただきました。

先にネイチャー選手やUMC(ふなっこ)さんがテストプレイ感想をあげられたので、自分はオマケ程度な感想を述べていきたいと思います。

自分がプレイしたのはエクスジールのUNIT-3。
アーケード版での担当キャラをそのままプレイさせてもらいました。
プレイ感ですが、移植度は文句ないと思います。
家庭用ゲームを殆どプレイしない自分にも違和感無く遊ぶ事が出来ました。
先にブログでUMC(ふなっこ)さんが指摘している通り、処理落ちが無い事くらいですかね。
ボス撃破後に処理落ちがないのでかなり早送りチックに感じました。
アーケード版ではこの撃破後の処理落ちの時間に、
私はコーヒーを飲んだり昼飯や夜飯のメニューを考えるのですが、Xbox360版ではそんな余裕はありません。
ゲームに一点集中できます、もう松岡修三バリの集中です。
(集中してないからスコア出ないんじゃないの?という意見は受け付けません!)
家庭用で慣れてからゲーセンでチャレンジ、ってな事をしてみると
アーケード版がとても簡単!なんてな状況もあるかも知れません。
あと自分が気になったのは3面のボーナスフィーチャーでもある、ブロックに隠れている遺跡ロボットのタネを全く確認する事ができなかった事です。
これはゲームの問題というよりも、自分のプレイする環境に左右される問題だと思うので気にしないでください。
Xbox360を持っていない私が買うとするならば、本体と共にテレビも買わなきゃいかんのかなぁ、なんてな事を思いました。

あと、マイナスゼロもプレイさせていただきましたがこれはヤバイ!
ハマるとず~っと遊んじゃいそうな予感。
曲もかなり良さげ!
出かける前にチョイとだけ遊ぼう、なんて思ったが最後、
アッちうまに日が暮れてるなんて事もあるかもね。(アル・カポネ)

以上です、編集長。

わんばんこ。
ナイスDVD2でエクスジールUNIT-4のプレイを担当させて頂くことになったUMC(ふなっこ)と申します。前作のナイスDVD(正式名称はTHE SHOOTING LOVE トゥエルブスタッグ&トライジール)にも参加しているので既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、そうでない方ははじめまして。

さて、先日某所でシューティングラブ200Xのテストプレイをする機会を頂いたのでその時の感想を軽くレポート。レポーター。レポーテスト。

マスター直前で土日も昼夜も関係ない状態だってのに、
INHさんのムチャ振りは容赦ないですぜ。(笑)
...というワケで、臨時ライター(?)の5pb.さかりです。

僕自身、4年ぶり二度目のGJFなんですが、
以前に比べて会場も立派になり、入場者数もかなり増えてました。
とはいえ、試遊台が並んでるだけの控えめなブース構成は相変わらずですが。
ただ、何となく雰囲気がゲームショウ寄りになっていて、
ユーザーさんとの距離感が若干離れちゃった印象は受けました。
4年前なんかずっとユーザーさんとおしゃべりしてましたからね。
まあこの辺りはどちらが良いとは一概にはいえないのですが。
僕的には、せっかくのイベントなんで「並んで並んで~ハイ次の方」
だけではちょっと味気ない感じがしちゃいます。

そんな中で、MSブースの本気度には驚かされます。
とにかく明るい。
全体的に薄暗い、もとい照明を落とし気味にした会場の中で、
煌々と光り輝いていたのがMSブースです。
それはまさに世紀末における中央帝都。
まるで大空に輝く北極星のようだー。
そして相変わらずコンパニオンさんのコスがエロイ。
MSさんの勢いを感じさせてくれます。

さて我がシューティングゲームコーナーですが、
ぶっちゃけイチバン人気はコナミさんの『オトメディウスG』。
でもって『シューティングラブ』も絶えずお客さんが付いていて
盛況でしたよ。大阪ではウチのタイトルよりも、
この2タイトルの方が人気があるのかなあと、ちょっとジェラシー。(笑)
逆にウチの場合、まっすぐ試遊台に歩いてきたかと思いきや、
確認するようにプレイして、何やら納得して帰られるお客さんが
多かった印象です。きっと移植度に納得してくださったのかな、
とポジティブに考えていました。(笑)

そうそう、TGSの時も思ったんですが、ジョイスティックだと
液晶の遅延がはっきりと伝わってしまって、あまり良くないですね。
むしろコントローラのアナログスティックで操作すると、
うまくスポイルされて逆に遅延が気にならなかったり。(笑)
モニターがどうにもならんから、家でシューティングは
ちょっとなぁって方はいっそアナログスティックの操作に
慣れちゃうってのはどうですかね?
そういう意味ではシューティング検定とかは入門用、練習用に
うってつけなんじゃないでしょうか。
もちろん、その後はウチの『大往生EX』と『ケツイEX』も
ヨロシクお願いしますです。

それでは、ごきげんよう。

INHの坂本です。

シューティング(not FPS)の波がざっぱんざっぱん来ているXbox360。

そんな中、マイクロソフトさん主催のシューティングイベント開催が決定!

もちろん我らが「シューティング ラブ。200X」もプレイアブル出展という形で参加します!

イベント当日は試遊台が2台以上設置されるとのことで、

藤野社長曰く「対戦メインの台と普通の試遊台と分けてやろうかと考えています。」

事前登録制のイベントになっていますので、下記をよく読んで応募しましょう!

------------------------------------------

【イベント概要】
・開催日: 12 月 5 日 (金)
・開催時間: 18 : 00~20 : 30
・開催場所: 富士ソフト アキバプラザ アキバホール
 (東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル)
・参加方法: 事前登録制 (応募者多数の場合は抽選)
本イベント特設サイトにある応募フォームよりご応募下さい。

(応募期間: 11 月26日(水) ~ 11 月 30 日 (日)
  締め切り後抽選を行い当選メールが送られます。(落選通知はありません)

そのほかステージイベントなど盛りだくさん!

詳細はこちらへ!!

INHの坂本です。

先日、都内某所で『シューティング ラブ。200X』のテストプレイ企画を実行しました。

やっぱり移植モノはアーケード版をやりこんでいるプレイヤーさんに遊んでもらうのがイチバン効率的ですよね。

実際、藤野社長よりふなっこさんのほうが詳しかったりするので面白いです(笑)

シューティング技能検定4人対戦のテストプレイは、当日が「シューティング ラブ。甲子園」の決勝大会から1年と1日ということで図らずも「甲子園リベンジ」的な感じ。

「4人対戦がどんなものなのか?」を知ってもらおう!ということで、このときの対戦動画を後日こちらで公開しようと思いますので、お楽しみに。

>ネイチャーさんへ

ある方にレポをお願いしてみました。あ、DVD参加プレイヤーにも行った人がいたような......

4人対戦の模様

ネイチャーです。前回エントリーは実は今回のものと一つながりだったのですが、無駄に長いので一度切ったのです。今回はその続きの部分となります。

甲子園大会、そして技能検定はこれこれの点がグレイトだ、といった話でした。凡そ次のような話です。

■土俵が低い・疎外感がない

ginou_title.jpg

この技能検定というゲームは、最初から何か妙なオーラを発していました。秋葉セガで行われたロケテストでは技能検定はお客さんが次から次へとプレイする状態で、エクスを選んだらギャラリーが去るとまで言われていました(ヒデェ)。技能検定は、STGとしては極端に遊ばれ易いようです。友達がクリアしているのを傍で眺めて感心しつつ自分はやらない、といったゲームではなく、友達がやってるのを見れば自分もやってみたくなる、というタイプのゲームなのでしょう。現に、仲間内で順繰り番繰りプレイされる光景はしばしば見かけられます。そういう点で、一般に敷居が高いとかマニヤックとか言われる(本当にそうなのか知りませんが)STGのジャンルにおいて技能検定は全く特異な存在だったんじゃあないかと思います。あと、見た目の「難しそうさ」と実際の「難しさ」が対応している、というのも技能検定のいいところです。見た目恐ろしくデーハーで難しそうだけれどやってみれば案外難しくない、というのではなく大体が見た目どおりの難易度であるように調整されているゲームなのではないでしょうか(これって実は地味にとてつもなく良いことだと思うのですがどうなんでしょう)。

ネイチャーです。初回記事として、自己紹介がてら甲子園大会を振り返りたいと思います。...とその前にちょっとINHの皆さんにお伺いしたいのですが、この間の大阪のイベント(ゲームズジャパンフェスタ2008 in OSAKAですね)はどんなことになってたのかとかそういったことをラブログ内で聞いていいんでしょうか。どうにも興味津々ミスターシンシンなのでほんの少しでも情報が欲しいのですが、如何でしょう?

==

■事の顛末

20070824-blog_love2007_pos.jpg

 2007年の秋、全国ゲームセンターにて稼動するトラインアグルサービス社製アーケードSTG「シューティングラブ。2007」内「シューティング技能検定」の二人対戦を使用した全国大会、シューティングラブ。甲子園が開催されました。全国各地のゲームセンターで順々に予選大会が開かれ、そして11月23日に新宿西セガにて予選通過者総勢16人によるトーナメント決勝戦が行われました。私は新宿ミカド予選とソニックビーム松戸予選に参加、松戸予選にて予選を突破し、そのまま決勝でも何故か勝ち上がって優勝しました。いつの間にやらシューティング技能検定二人対戦の全国一位ということになってしまった。

しかし私は全国一位と言ってもSTGに関してこれまでに何かしらのタイトルを獲得した経験がある訳ではなく、有名プレイヤーでは勿論ありません。というよりそもそもSTG仲間すらいませんでした(甲子園大会を経て初めて知り合いが出来ました)。ド孤立無援、完全に無名だった訳です。ネイチャーというリングネームも、その場しのぎで適当に某毛髪屋さんから取って来たものに過ぎません。

こんなところに俺みたいな者が書いちゃっていいのかな?と思ってますが、

はじめまして、北海道GAME41で大会などの担当をしている者です。

INHの方々や社長には大会に出た時のRNでニコルと呼ばれてしまっていますが、これは内輪ウケを狙ったネタRNだったので自分としては呼ばれる度に微妙な心境になります。

しかしながらその名がすっかり定着してしまっているので、ここではニコルで行きたいと思います。

 

早速ですがシューティングラブ。関連の当店でのイベント告知をしたいと思います。

と言っても北の辺境の地なので内地の方々は参加し難いと思いますが、あー北海道でこんな馬鹿なイベントやってる店があるんだなあと認識していただければ幸いです。

 

マイナー7.jpg

(↑クリックで拡大します。)

こんな感じでシューティングラブ。の名を冠した大会にしました。

当店でレギュラーで月一回ペースで大会を行なっている旋光の輪舞SP以外の対戦シューティングゲームを使用した大会です。

本当はこの時期くらいにシューティングラブ。200Xが発売されるとの事でしたので、発売記念イベントみたいな感じで便乗してやっちゃおう!と意気込んで企画したのですが・・・。

まあ2月にも何か違った形でやりましょうという事で・・・

勢い余って社長がカップメンを食している画像が使われていたりしますが、きちんと許可をいただきました。事後承諾気味でしたがその際はありがとうございました。

 

そんな感じで北のシューティングラブ。な人は11月24日に麻生辺りに何となく集合!

行きがけに1983さんでシューティングラブ。200Xを予約するのもアリだと思います。

初めまして、シューティングラブ甲子園大会、松戸予選代表 兼 優勝者のネイチャーです。この度このシューティングラブ。ログに参加させて頂くことになりました。宜しくお願い致します。

個人サイトならば兎も角、このような公式の場所でプレイヤーが記事を書く場合のその適切な振る舞い方といったものがあまり良く判っていないので、お見苦しいところが多々あると思いますがご容赦下さい。

さて、実際にあれこれと記事を書く前に一つ、前置きの記事を書いておきたいと思います。

皆さんはじめまして!株式会社INHの坂本と申します。

すでにご存知の方もそうでない方も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて現在、Xbox360用ソフト「シューティングラブ。200X」に完全同梱される攻略DVDを製作しています。

そこで、私から当ブログではDVD製作にまつわるお話を書いていきたいと思います。

藤野社長ファンの皆様、こんにちは!

株式会社INHの池田@200X です。
2009年2月に発売予定Xbox360用ソフト「シューティング ラブ。200X」に関する
最新情報、販促企画、攻略記事、動画コンテンツ等をお送りしていきます。
また、当ブログは「雷電IVブログ」とは異なり、
発売日まで僕以外に複数の ライター制で、更新していく予定です。

もちろん、藤野社長ご本人や「シューティング技能検定」の作曲をした
あの人やこの人やDVDに登場するプレイヤーの皆さんにも登場していただくので、どうかお楽しみに!!!