"Please Continue" #3 (謝罪と弁解)

なんで俺に振られたんだろうって緊張しているSOU1です。ひどいよばってーさん。


とりあえずGAME OVER 2009と比較してこっちの曲はだいぶ締め切りまで押してしまって本当に申し訳無かったなーと、作業のメイン部分を担っていた身としてはただただ謝罪するばかりであります。
まぁなんていうか腰の按配が良くないんで長時間座ってられないんですよ。GAME OVER 2009くらい超短時間で(気になる方はSOU1を問い詰めて下さい)仕上げるのが俺としては具合宜しいんですよいやほんとに。
まぁプロジェクト動き始めの当初からの流れを自分の視点で追っていくと

・なんかメロディラインのMIDと歌詞届いた。
8小節単位の進行できちんと4/4になっているので素人仕事に思えないが、
肝心のコード的なものというかベースラインも無かったのでさてどうしよう。
・とにかく何パターンかキー/コード付けをしたものから「最も可愛い」と思える物を採用。
もうこの段階で既に「あーもう完成するかすげー不安だからいっそ酷くしてやry」くらいのやけくそで「可愛い路線」に決定
・もう細かいアレンジしないでいいやと勝手に決めてからアレンジは割と一瞬で完成。コード付けの時点で使っていたエレピをそのまま使って肉付けしただけ。マジやっつけ。
・レコーディングは自分の持っていたマイクとヘッドフォン持っていってこれまたやっつけ。
・実は一番時間かかったのが音声編集。マジ腰が痛い。
・何故かギター入れるとか言われてry
・納品日直前にインスト版下さい言われてry それは最初に言って欲しかったお

多分こんな感じです。愚痴愚痴しながら作業してたら結局何とかなったみたいな割と醜態ぽいです。

え、コーヒー噴かせた件ですか?
「ここまで追い詰められたらコーヒーくらい噴かせてやる」て土壇場になって変な根性出したのも事実ですが、実はレコーディング以前から「マイナーコードでも問題無いメロディライン」に勝手に編集してました。ゴメンネ☆
あのRemixを罰帝氏が出し惜しみしたがったのも俺がここに書いておいたほうが良さそうかな?
「また別の作りますから」とか言って強引に説き伏せて収録して貰いました。自分の首絞めてる気がしないでもないけど気にしない!
ミカドサントラ的にGenesis CM mixが並ぶの見たかっただけですゴメンネ☆
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://triangleservice.co.jp/ts_mt_type4/mt-tb.cgi/237

コメントする