高田馬場ゲーセンミカドのうた(WASi303)

ゲーセンラブ。藤野です。
WASi303さんからミカドサントラについてのコメントを戴きましたので、
以下掲載。
-----------------------------------------------------

皆さん、こんにちは。WASi303です。
いよいよ「高田馬場ゲーセンミカド」グランドオープンですね。すばらしい。
プレオープン日に1Fのアフターバーナーのモニターがバーニングしてミカドの神様があたふたしてましたが、直りましたか?
あの日、ピットフォール2を連コインしまくりで大人プレイしてたのが私です。

この度はミカドサントラの制作にお声をかけていただけました。ありがとうございました。
今回は色々な思いを込めて曲をかきました。
曲のテーマはずばり「1990」!!(あ、某アーティストも同じ名前の曲歌ってましたねぇ)
80年代後半から90年代にかけて一番ゲーセンでゲームをやっていた世代な私は、その頃を彷彿とさせる曲ができたらイイナァと思ってました。

で・・・・・・
できました。「高田馬場ゲーセンミカドのテーマ」!!

超キャッチーな曲です。キーが高すぎて、歌ってくれた娘にひどいことしました。ゴメンナサイ。
藤野社長に新宿の甘○郎でこのサントラの話をされたときに
「おいでーおいでー高田馬場、その名もゲーセンミカぁ~ドぉ~♪」
と言うフレーズがその場で出来ました。お酒の力ってすごい。

曲には80年代後半~90年代の色々なバンドの要素を詰め込んでみました。
もしそいつがわかっていただけたら嬉しい限りです。
例えば・・・・
ボーカルは「GO-BANG'S」の「森若香織」っぽくしたり。
(当時超好きだった。めっちゃタイプだった。いま見ても超若いのにびっくり!)
曲調は「すかんち」みたいなポップさを目指しました。
(名曲多し!いまでもローリー氏は天才だと思います。ウルトラロケットマンでご飯3杯いけます。)
歌詞なんかは「UNICORN」のような面白い歌詞にしたくて大失敗してます。
(詳しくはYoutubeなんかで検索してみよう!!WASi303のルーツの一端がみれます。)

高田馬場ゲーセンミカドは新しいものと古いものが混在しています。
と言うことは若い世代も僕らの世代も一緒に同じ空間を共有する事ができるのです。
ゲーセンが輝いていた時代を過ごせた僕らは、その情熱を次の世代に受け継がなければならないのです。
それがもし出来たら、どんなに素晴らしい事か。
そうなるようにミカドさんには頑張ってもらいたいし、私も努力していきたいです。
皆さん、ミカドでお会いしましょう!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://triangleservice.co.jp/ts_mt_type4/mt-tb.cgi/229

コメントする