2009年7月バックナンバー

藤野です。
『シューティング ラブ。200X』のアイコンパックとプレミアムテーマが配信されました!

 

icon.jpg 
アイコンパックは実績の文字系アイコンをパックにしたものです。
[実績LOVE]はゲーム内にはありません。追加しました。
実績を49個解除したら最後に[実績LOVE]の実績が解除されるようにすれば良かったと今さら思いました。遅いですね。今後機会があればそのようにするかも知れません。

 


Theme.jpg 
プレミアムテーマはこのような感じです。
背景に大きく「シューティング ラブ。」
他で表示される背景画像も、そういった感じのものです。
フレンド画面で表示されているのはテーブル筐体とかアップライト筐体です。ゲーセンぽい雰囲気に仕上げました。

 

モデリングしながらふと思ったんですけど、
この筐体ってなんて呼ぶんですかね?
ob.jpg 
むかし駄菓子屋の軒先の筐体でBURNIN' RUBBERとかペンゴとかディグダグとか空手道とかいろいろと10円玉突っ込んで遊びまくってました。雨の日なんか筐体をすっぽり覆うカバーの中に体突っ込んでまで遊んでました。レンタル業者からの筐体で特に名称とか無いんでしょうかね?
今でも事務所から徒歩10分ぐらいのおもちゃ文房具駄菓子屋的なところでネオジオ入れて稼動してます。現役バリバリ息の長い筐体です。

そんな感じで、アイコンとプレミアムテーマが配信されましたので、よろしくどうぞ!

 

梅雨の晴れ間は夏真っ盛り、シャツやステテコが毎日びしょ濡れで困ります。ネイチャーです。

ふるさとのゲーセンを探訪する企画第三弾は、甲子園大会の予選会場にもなりました、秋葉原のトライアミューズメントタワーさんですね。数年前の正月三箇日、トラタワのエレベーターで右四つの得意な某お相撲さんと一緒になった時は驚きました。地元のゲセンもそうなのですが、お相撲さんってゲーセンでよく見かける印象がありますね。ないか。

●トライアミューズメントタワーに行ってみる

昨年、新しい場所に移ったトライタワーの場所はコチラ。電気街からドンキホーテの脇へと曲がり、かんだ食堂を左に曲がった場所にあります。旧トラタワの十数メートル先、でしょうか。

tyr1.jpg

まるまるでっかいトライタワー。あ、まるまるじゃないか。

入口にはエレベータが二機。手前側は7階まで、奥はもっと上まで行けます。ビデオカメラ付きでハイパーテクノロジー。

try2.jpg

10階は基板ショップ。イベントスペースもあって、何かイベントしたいという時には利用できそうな予感です。地下は中華料理屋さんです。今度お酒を飲みに行ってみましょう。

●トラタワのSTG

ラインナップは公式ブログで確認できます。STGコーナは7階、レゲーと一緒のフロアですね。種類は新作と旧作入り混じる感じで、またちょくちょく入れ替わっている感じです。ゲームの種類はとっても豊富で、昔のレゲーの聖地だった頃の旧トラタワより豪華なのではないでしょうか。

シューティングラブ。2007も爆音で稼働中。

また、ビュウリックス筐体で稼動する火激を見られるゲーセンはそんなにない予感でしょう。

tyr3.jpg↑外階段からの光景。外階段を移動すると「ビルって人間の作った建物なんだなあ」といった気分になりませんでしょうか。オートマチックでないという感じがいい。

●トラタワ・イズ・グレイト

トラタワの何が凄いってですね、筐体の調整に関する対応がド迅速だということです。話を聞くに、「こうして下さい」と要望を書いておくと翌日には直っているそうな。これはグレイトだ。

思うに、開店早々メンテが完璧なお店なんて早々ないと思う訳で、お客さん側も協力してゆっくりお店を良好メンテの状態まで持っていければいいんじゃねーかと思うんすけどどうなんでしょうね。プレイ中の違和感とかってプレイヤーが一番良く判ることでしょうし、チェックをする店員さんだって人間ですし。人間は有限だからこそ人間なのであって、完璧を要求するなら神か機械に頼むべきであると主張いたしたい。

●秋葉の新名物・外神田4丁目観光ガイド

地図1-1.jpgトラタワのある外神田4丁目の一角は、電気街と再開発地区の巨大ビルとに挟まれた奇妙な場所で、秋葉の中心から微妙に離れており、人通りも決して多いとは言えなさそうな場所です。

とはいえこの辺り、色々面白いものがあるんですよ。

try5.jpg

いつもいるフサフサした猫とか。

あとヒロ●●特●研究所とか(写真はナシですが。入口のモニターで、変身ヒロインみたいなお姉さんが敵にブンブン振り回されたりする動画を拝見することが出来る)。

tyr6.jpg 有名な、ビルの谷間にある花房神社もこの近くに。探してみて下さい。

また、秋葉の新名物になる予感がせんでもなくもなくないものが売っている場所をこの界隈で見つけました。

tyr7.jpg

トラタワを出て左手、突き当たりの道路を渡った場所にあるコンビニ。ここでは、高知のご当地アイスクリーム、アイスクリンが売られています。

前にこのお店で「アイスクリン」と書かれたのぼりを見た時、えも言われぬおぞ気に襲われました。「普段知っているものと、何か微妙に違う名前を持つ、何か微妙に違うものが、この世にある」ということを知った時のショックって感じでしょうか。基本の「白」のみならず、みかんとかチョコとか抹茶とかあずきとか、色々な味がありますよ。実際、普通のアイスクリームとは「何か微妙に違」っていて、さっぱりしてて食べてて面白かった。この夏のトレンドは決まりですぜ奥さん。

また、近頃話題の金沢カレーを売ってるお店もその奥に。

tyr8.jpg

濃厚な味と固有の様式で知られる(らしい)金沢カレー。カレーをキャベツと共に銀皿に盛り、学校給食の定番、さじとフォークの合体した「スポーク」で食べるのが様式だそうですな。イッエース!OKOK これデース!私はこれじゃないとダメなんでース!って奴です。

try9.jpg

カツカレー美味え。なんだか懐かしいような、懐かしいという訳でもないような、上手く言えませんが「とがってなくてぶ厚い」といった感じの味と表現できましょうか。多分なんですが、「揚げ物にかける」という形態に特化したカレー、って感じなんじゃないかと思いました。インドカレーラブの身ですが金沢カレーもいいものですね。カレーって本当誰が考えたのか知りませんが素晴らしい食べ物だ。スパイス同士の複雑な調和云々はもとより、ジャンル内での幅が広い。

トラタワのある外神田4丁目、秋葉にお越しの際は、足を運んでみては如何でしょう。 

●秋葉原クレーン研究所

そういや、おでん缶で有名なチチブデンキのビルに、トラタワの姉妹店、クレーン研究所がこないだ開店しましたよ。ここも紹介しておきます。

tyr4.jpg

さて、私はネタが尽きました。

考えたら店内の写真を掲載する必要なんて無いし、わざわざ連絡を取ってお菓子を用意して取材許可を貰わないでもゲーセンの紹介くらい気兼ねなく出来るんじゃね?とふと思い立ちました。どうもこんにちは、ネイチャです。

贔屓にしたり因縁があるゲームセンターを紹介していく企画、第二回は秋葉原の主力ゲーセンの一つ、クラブセガ秋葉原さんです。

●秋葉セガラブ。

sega1.jpg場所はこちら。電気街ガード下の交差点を渡った赤い目立つビルです。地下にはVFなど、1階はプライズ系(着ぐるみのクマがいらしたり、コスチュームプレイをしている店員さんがいたりします(先日、ボーカロイドのコスチュームプレイをしていた可愛らしい店員さんが脚立の上でクーラーの汚れを拭きとっていたんですが、その脚立が不安定でガッタガタ言い、しかもその都度店員さんが呻いてらして、何だかスッゲ印象に残りました。))、2階に太鼓の達人や射撃ゲームやレースゲームやストIV、3階に格闘いろいろ、4階にガンダムゲーム各種、5階にWCCFがあります。シューティングコーナーは2009年6月現在で4階。怒首領蜂大復活とシューティングラブ。2007が並んでいて、その背面にエイリやんVSプレデターとメタルスラッグ3。3階にはデススマイルズIIが、巨大ディスプレイ付きで稼動してます。STGは2階にあったり、4階になったり、2階奥になったり3階になったり、また4階に戻ったり、と、この数年で色々と行き来してますね。

●秋葉セガの何がいいって

秋葉セガ。リリース当初、2007は4階のシューティングコーナーの奥でひっそり稼動していたのですが、特色として、例の音響ブースターって言うのですかね(長らくグラディウスがこれ付きで稼動していた)、あれが付いていたのです。

ブースタ.jpg

(↑ウロ覚えですみません。カンガルーバーみたいな感じで色々パイプがついてたと思ったんですけどどうでしたっけ。)

お陰で音はとてもよく聞こえたのですが、2人用筐体の片側に座ると片耳だけがスピーカに近くなってしまい、しかもブースタが付いてるお陰で二人並んで座ることも出来ない、と、比較的不便な予感でした。結局しばらくしたら取り払われました。

秋葉セガの2007の何がいいって、秋葉原の他のゲーセンと比べて、がよく聞こえるのです。周囲のSTGの音に埋もれたり何だりすることがなく、しかも時々何を間違えてかド爆音になっていたりして、音楽&効果音が大きいと嬉しい身としてはここでやるっきゃナイトといった具合でした(6月現在ではトライタワーの2007が一番音が大きいんじゃないですかね)。そんな訳で暫くずっと秋葉セガを本拠地にして2007を遊んでいた訳です。

●案外頑張る2007

稼動半年過ぎ程の時節、フロアでガンダム対戦が盛んな中、ポツネンと稼動する2007に何故かしばしば人がついていて、「ああそういうもんなんだなー」と思いながらジュース飲んだりしていました。椅子が二つ並んでいたりすると、あっ、対戦が行われてたな、とか思ったりする訳です。稼動する場所が良かったんでしょうかね。2007は稼動後暫くして筐体奥から通路側へと移動してきたのですが、このゲームは通路側に置かれることが固有の意味を持つゲームなのかもしれません。

更に感謝すべきは、2008年7月に一度撤去された2007が、2009年年始にカムバックしたことです。2月の200X発売前にあわせての配慮だったのかは知りませんが、如何せん目玉が飛び出ました。結局そのまま6月現在も稼動しているので、2007は本当にロングランデスクです。

sega2.jpg

家庭用が出てもついついゲーセンで遊びたくなってしまう。家庭用は家庭でしか出来ないというのがネックですな。それに対してゲーセンは否が応でも外にある。外に出るのが好きなのでゲーセンラブ。

●音がでかいってことは

もうじきラジルギノアやトラブルウィッチーズといった新作がリリースされるので2007は退場する予感がするのですが、そこでも音的な環境は維持されるに違いがないでしょう。秋葉セガではSTGコーナーがどうにも浮動気味な気がするので、新作が出たらまたここでジクジク遊びたいですね。