ナイスDVD2! UNIT-1動画収録までの軌跡など その1 ~プラス 新作稼動記念メッセージ~

シューティングラブログ。がトライアングルサービスのトップページから外された今
一体この文章を読んでくれる人間が何人居るのだろうか?

なんて疑問を抱きつつも藤野社長からラブログ。への投稿許可を戴きました
ナイスDVD2内のエクスジール攻略動画UNIT-1担当の龍神TSPです。
このDVDの収録までのエピソードをいつか書こうとしてもナイスな文章が思いつかず
そのまま書くタイミングを逃して今に至っていたのですが
トライアングルサービスの新作が稼動したタイミングと個人的な事情がピッタリと噛み合ったので
これからナイスDVD2の攻略動画を収録するまでの裏話を書こうと思っております。

ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ!~稼動おめでとうございます!
(...と言っても稼動から既に3ヶ月が経過してますが)
トライアングルサービスの作品としては「シューティングラブ。200X」以来3年ぶり
アーケードゲームに限定すれば「シューティングラブ。2007」から5年も経過しています。
この3年という期間からもこの新作が難産だったという事が伺い知れます。
プロという立場として商品を売る以上、内容に不備があった場合や客を満足されられなかった場合客からの不満や批判を真摯に受け止めなければなりません。
それを避ける為にプロはじっくりと時間をかけて不満点の少ないものを世に送りだしているのです。

そういう事を考えれば、3年という期間も納得でしょう。

残念ながらネット上ではどう見てもプロでも無いのにまるでプロかの様に振舞って
自分と同等の立場である筈の人間に高圧的な態度を取る人間も居ます。
そういう人間に限って、内容は的外れだったりするのですが...

 

以下本題 ※数年前の事なので曖昧な部分や若干の脚色がありますがご了承下さい。

 

ナイスDVD2 UNIT-1動画収録までの軌跡 その1 出会い

2007年夏、当時札幌市清田区に住んでいたシューティング大好きっ子だった僕は
新作である「シューティングラブ。2007」が稼動する事を信じて仕事が終わった後、キャッツアイ清田店に直行。
丁度店員が"式神の城Ⅱ"と"翼神 GIGAWING GENERATIONS"の2つのゲームが入った筐体の電源を落として中の機械を交換してる最中だった。
ここでは語らないが両タイトル共個人的に思い出深いエピソードがあるゲームである。
これから入るゲームのマザーボードがNAOMIという事で"式神の城Ⅱ"が抜かれると思ったが変えられたのは"翼神 GIGAWING GENERATIONS"の方だった。

作業が終わったので早速プレイ。
シューティング技能検定の方はMAXIM HERO店で行われたロケーションテストで堪能したのでまずはエクスジールのクリアを目指す事に。
当時、キャッツアイ清田店の殆どのシューティングが4機設定と通常より1機多いでエクスジールも稼動日からいきなり4機設定だった。
これはラッキー。
3面の曲がロケテ版と異なりシューティング技能検定で使われてるのと別の曲になってたり
4面道中で横から伸びてくる足が大人しくなった、5面開幕の小型ザコが弾を撃たない
(シューティングラブ。200Xのエクスジールでは難易度を上げると5面のザコが撃ち返し弾を撃ってくるので
 もしかしたらロケテ版も撃ち返しだったのかも)
5面のロケットで隕石を壊した時の点が1000点から10000点に上がってるなどロケテからの変化点を楽しみつつ
その日は5面まで到達した。
稼動開始してから最初の日曜日、札幌の大きなゲーセンをいくつか回って稼動状況を確認。
この日の内にラスボスまで到達するも
片目を破壊した後にワラワラと沸いてくるビット相手に正面にしか攻撃出来ないUNIT-1でどうにかなるものなのかと疑問を抱きつつその日は終了。

それから数日、キャッツアイ清田店の4機設定の台でラスボスに残機とボムを持ち込みラスボス相手に総力戦で挑み
UNIT-1を使いようやく(4機設定だけど)クリア。
その後もほぼ毎日ゲーセンに通いUNIT-2~4もクリア。
その内4機設定じゃなくてもクリアになってた(一度も残機がゼロにならなかった)のはUNIT-4だけだが
全機体クリアを達成した日は嬉しくて最後にシューティング技能検定をプレイしたのを覚えています。
(成績はイマイチだった気が)

僕は基本クリアラーなので一度クリアしたゲームは殆どプレイせずに家庭用待ちになるのだが
エクスジールはその後もプレイを継続した。
通常設定でもクリアしたいというのもあったが、別の理由があった。
それは"ゲーム雑誌に全一として載る"、そして"公式のインターネットランキングの1位を狙う"
この2つの目標だった。
他のプレイヤーの動向が見えない今なら頑張れる気がする、やれるだけやってみよう。
そう思ったのだ。

~つづく~

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://triangleservice.co.jp/ts_mt_type4/mt-tb.cgi/318

コメントする