射ウォッチのバックナンバー

こんばんは、めがぎがです。
まず、レポートの前に...

祝!シューティングラブ。200xサントラ、発売決定!

藤野社長より早く書いちゃってスイマセン...。
でも嬉しいので、先走って告知しちゃいました(笑)


てな訳で、先月のイベントなのに、やっとでレポート完結かよ!と思っている皆さん!(笑)
今回も去る3月13日夜にタイトーステーション福岡天神店様(以下天体)にて開催されました、「燃え燃え!シューティングNights!Vol.1」の模様を、「アフター編」としてこれまたゆるっとお届けします。
今回で最終回です!
おはようございます(!)、アヴァゲのめがぎがです。

遅ればせながら、去る3月13日夜にタイトーステーション福岡天神店様(以下天体)開催されました、「燃え燃え!シューティングNights!Vol.1」の模様を、全3部作(準備編・イベント編・アフター編)にてお届けします。

今回は「準備編」です。
相変わらずだるだるな内容ですが、気楽にお読み頂ければ幸いです。

----------

さて、イベントの中身の前に、「燃えシュー」を開催するにあたっての、色々な裏話からお伝えしたいと思います。

イベントの開催に至るまでの話は、前の私の原稿をお読み頂ければと思いますが、準備する迄に、色々と考えていました。
「イベント一発目のインパクトを考えると、何が出来るだろうか?」
単純にイベントを開催するだけでは面白くないので、皆さんの記録と記憶に残るネタの準備を行おう!と思い、ネタを仕込んでいました。
そのせいか、はてなや2chやmixiやTwitter等で「燃えシュー」の単語を見る度に、少しづつプレッシャーを感じていたのは事実です(笑)

因みに準備の内容を一部公開しますと...

●参加賞の仕込み
(一人ひとりにお渡しする分を小分けにしていました)
●「射ウォッチ」の基板セッティング
(事前にタイトーステーション福岡天神店さん(以下天体)と打ち合わせ済み)
●エントリーカードの仕込み
(参加者の把握とメッセージ付きの記念カード)
●集計表・エントリー表・抽選表の作成
●射ウォッチの一般撮影禁止ボード(笑)
●各方面の原稿作成・呼びかけ
●ごはん会の準備・場所確保など


こんな所ですね。


特に参加賞の準備は、私が一番驚きました!

まず、トライアングル・サービスさん(藤野さん)からポスターが届きました。
しかし、箱が明らかにでっかい。

「えっ...ポスター...だよね?」


謎に思いながら、そのでっかい梱包を解くと、目に鮮やかな
「シューティング、ラブ。」
の文字が!

うぉぉぉぉーー!!!
一人でテンションが上がるめがぎが。
藤野社長ーっ!!
本気で感謝です!!!


しかし、よく見てみますと...届いたポスターの枚数が...かなり多い!!
そこで藤野さんからのメールを見てみますと、

「少し余分にお送りしました」

...って!30枚以上あるやん!!(笑)


これはもう、天体に貼るだけでなく、集まって頂いた皆さんにお渡しするしか!!
だって参加される皆さん全員が「シューティング、ラブ。」なんだから!
そして参加者の手に渡って、私同様に「うぉぉぉぉーー!!」と叫んでくれるに違いない!
と思った為、一つ一つポスターをくるくる巻いて、お渡しの準備を行いました。

引き続き、金曜日にマイルストーンさんガルチさんガルチさんより協賛品が届きました(!)
中身を見て...、
「えっ!!未だイベント始まってないのに、いきなりこんな凄いものを頂いても宜しいんでしょうか!!」と狂喜乱舞しましたね!

マイルストーンさんからは、先月発売になったばかりのWii版「ラジルギノアWii」&キャラクターカード等を、ガルチさんからは、「まもるクンは呪われてしまった!」サントラ&雷電2テレカ(!)等を頂きました。

もうこれだけで驚きまくりなのですが、更に土曜日朝には...ミカドさん経由での貸し出し基板&ポスターセットと、サクセスさんからの協賛品が頂きました!

ミカドさんからは、ケイブ系タイトルから名作「1943」までの各種ポスター、そして2月に開催されました「KOF SKYSTAGE」イベント用の「KSS初心者救済 INSANITY 超絶攻略DVD 特別版」をご提供頂きました。
また、サクセスさんからは、「サイヴァリア1復刻版CD」「RAIDEN FIGHTERS AGES」ソフト提供分サントラ」「北米版XBOX360版 RAIDEN FIGHTERS AGES」(日本国内のXBOX360では動作不可)等が届きました。
目覚まし代わりに荷物が届き、開封したところ、余りのボリューム満点の為、睡眠時間が3時間ちょいだった身体が一気に目が覚める内容でびっくりでした。


これもまた個人的に欲し...おっと、
全ては参加者の皆さんの為の協賛品、ですからね!(笑)

今回の協賛品提供に関しましては、全てのメーカー様が、シューティングゲームを盛り上げて頂けるのならば...という気持ちがひしひしと伝わり、私もそれに負けじとイベント内容を練る事に繋がりました。

各メーカー様のご好意に、本当に感謝の気持ちで一杯です。
ご協力頂きましたメーカー様、本当にありがとうございました!

-----------

次に天体側の筐体セッティングですが、やはりメインは「対戦」なので、ライブモニターが欲しい!という事を前から提案しておりました。
その際に、店舗側で用意頂いたのが...某格闘ゲーム用のライブモニターの活用!
しかし、「シューティング技能検定」の画面は、縦画面で、ライブモニターは横画面オンリーです。
更にライブモニターは縦に出来ないという(ピボット回転不可)仕様がある為、店舗側ではあきらめかけていたのですが、プレイヤーがどのような対戦を行っているか?という確認は、横の状態であってもライブモニターがあれば嬉しい為、横表示でのライブモニター設置をお願いし、ご準備頂きました。

moestg_photo_01.jpg


-----------

メーカー様の協賛品がてんこもり。
天体側のサポートや筐体セッティングもOK。
私の各種告知も準備万端。

そして、イベントを迎える事となりました。


「イベント編」に続きます...


---------------
ご意見等ございましたら、お気軽にどうぞ!
メール:info@projectag.net
Twitter(@megagiga_jp):http://twitter.com/megagiga_jp
mixi:http://mixi.jp/show_profile.pl?id=452023
Web:http://projectag.net

やりたいソフトを先に入手して後から本体を買う。
そんなことやってると2週間プレイ出来なかったりします。気をつけましょう。

 

ってなわけで、念願の「-0(マイナスゼロ)」初プレイです。

・・・これはハマるw。
先の危険を回避する為に敵を倒しその為に敵を温存する。単純なのに奥が深い。こういうゲーム良いですね。


そして「シューティング技能検定」ではやはり連射のしずらさにより苦戦。
パットでもそれなりには連射は出来るのですがバラツキが多く持続できません。
3つボタン使用したピアノ連射もしてみましたが、ピアノ連射って疲れるんですね。忘れてました。
堪りかねて擦り連射をすると間違ってスタートボタン押しちゃったりするし・・・。

 

で最終的にこんな方法に行き着きました。

360パット連射.jpg

注)左右移動以外をしようとしてはいけません。

買ったばかりなのにコントローラー既に傷だらけ・・・。

 

そして3月14日に行われる技能検定二人対戦手合わせイベントには私も参加予定です。
技能検定の対戦は機体差が無い分プレイヤーの個性が大きく表れ、
直接相手の邪魔をしなくてもちょっとした動きでプレッシャーをかけたりミスを誘ったり出来ます。
対戦した事が無いという方も是非参加してみてください。
貴方のプレイスタイル、実はあの人の苦手な行動かもしれませんよ?

祝 シューティングラブ。200X 発売!
私はXbox360をまだ持っていないので未プレイです。早く「-0」やりたいなぁ。


前置きはこの位にするとしてシュウォッチです。
実を言うと私は今回の再販以前にシュウォッチを触った事がありません。
ですからどうする事が良いのかサッパリ分からないので、痙攣撃ち、ピアノ撃ち、擦り撃ちをそれぞれ何度か試してみました。
そして一つ気が付いた事。「同時押し受け付けてなくね?」
ってな訳で実験開始。

実験1:AとBを同時に押してみる。
結果1:+1,+1,+1,0(!?),+1,0(!??)

実験2:AとBを少しだけずらして押してみる。
結果2:+1,+1,+1,+1,+1,+1

実験3:Aを押しながらBを押してみる。(又はその逆)
結果3:0,0,0,0,0(!!!?)

上の三つから予想するに、どうやら片方のボタンが押されている時はもう片方のボタン入力を受け付けないみたいです。
と、言う事はピアノ撃ちや擦り撃ちをする場合、片方のボタンを押す前にもう片方のボタンを離さなければいけない。
この条件で数多く連射しようとすると、ボタンが押されている時間を短く、かつ押されていない時間を短くする。これしかありません。

うぅむ。これは難しい。

 

シューティング技能検定のオート連射が付いていない種目や射ウォッチは、シュウォッチと違ってボタンが押されている状態で他のボタンを押してもちゃんと1回とカウントされます。
ただ同時押しも1回とカウントされるので攻撃力が2発分とはなりません。撃ち込み点が10点しか入らないから多分合っている。・・・はず。
ですから、「8bit」や「隕石」などの種目は全身全霊をかけて連射するのはもちろん、同時押しをしないよう気を付けるとさらなる連射力アップになりますよ。

シューティングラブ。200X発売まであと数日。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
「射ウォッチ」担当プレイヤーのえす☆さまです。

「誰コイツ?」と思った方はナイスDVD2のディスクの片隅に収録されているであろう射ウォッチコンテンツをご覧下さい。
また射ウォッチについては「トラサビ列伝」に詳しい記事があります。


いやー、それにしてもこんな時代に連射ですよ?連射。
もはやシューティングをプレイするのに不用であろう手連射をここまで気合を入れてやる事になるとは思いもしませんでした。
ましてや3ボタンながらもシンクロ連射より早い記録を出せたのは私自身驚きです。
これもシューティング技能検定の対戦における「相手への嫌がらせ」への執念の賜物でしょう。

さて、一応私は射ウォッチ世界記録プレイヤーと言う事になっていますが、これは運良く射ウォッチをプレイ出来た極少数の中で一番速かったに過ぎません。そのプレイ人数はおそらく100人にも満たないのではないでしょうか。ですから、世の中には私より連射の速い人が必ず居るはずです。
では、私の本当の連射力は一体どの程度のモノなのか?
もしかしたら私が気付いていない連射方法があるかもしれない。
どうにかしてそんな連射が見られないものか!?


と、思っていたらこんな企画があるのを知りました。

シューティングウォッチ連射大会

 

これはやるしかねぇ!
早速(σ・∀・)σゲッツ!

シュウォッチ.jpg次回、シュウォッチ攻略記事に続くかも・・・。

ども、池田@200Xです! 今回のトラサビ列伝は業務用「シューティング技能検定-業務用-」のスピンアウト作品「空想科学連射力測定ゲーム 射ウォッチ」の紹介記事です。このゲームは商用タイトルとして発売はされていませんが、トライアングル・サービス関連のイベントなどで見たこともある皆さんも多いと思うので、下記に開発経緯などを纏めてみました、是非ご確認ください。

 

【空想科学連射力測定ゲーム 射ウォッチ】
love200x_04[1].jpg

メディア:業務用特殊基板
  登場:2007年11月17日
  価格:イベント用タイトルのため未発売
  操作方法:3ボタン
  プレイ料金:0円(無料)

【開発経緯】

sya_001a.jpg

<B.tarao及び、presidentも藤野社長です。>

2007年9月から11月まで全国各地のゲームセンターで開催された「シューティング技能検定-業務用-」対戦イベント「シューティング ラブ。甲子園」。開催期間中、藤野社長は全国の予選開催店舗全てに自ら足を運び、実況解説、サイン会などのファンサービスに努めていた。各地の予選会場には、熱心な藤野社長ファンやシューティングファンを中心とした参加者が集い、盛況ではあったが、期間中、藤野社長は「郊外ロケーションなどで、家族連れやカップルなど、ゲームに詳しくない人たちにもイベントに気軽に参加してもらえるようなゲームがあれば良かったかも」と、現状を更に良くしようと考えていた。そんな矢先、某社の「有名連射測定器」復刻のニュースが業界で話題となり、それを耳にした藤野社長は「これだ!!」と思い立ち、予選店舗へ移動する新幹線の中で企画を纏め上げ「空想科学連射力測定ゲーム 射ウォッチ」(※以下「射ウォッチ」と表記)が誕生する。

【ゲームインプレッション】

sya01.jpg

※プレイ動画はこちら(ニコニコ動画なので要アカウント)

ボタンを10秒間連打し、画面中央の「射ルトラマン」をパワーアップ(巨大化)させ、地球を守る・・・つまり「空想科学連射力測定」というタイトルのとおり、シューティングゲームに必要不可欠な「連射力」を測定するゲームとなる。スタート後、連打の数だけ数字カウント(000~)が上がり、ゲーム終了後に出た数字を10で割れば、自分の「秒間連射力」を測定できるという「有名連射測定器」のパロディ作品。(ウォッチという名称のとおり、画面左上に時計もついている)藤野社長が直接出向いたゲームセンターでの「シューティング技能検定-業務用-」大会や関連イベントでのみ稼動(無料だから稼がないけど)する「レア基板」だ。

 【構想1週間 製作3日】
sya_0003c.jpg

「射ウォッチ」は「シューティング ラブ。甲子園」後半、2007年11月17日「bar 16SHOTS 予選大会」にて、初めてお披露目された。その時はまだ、オープニングが実装されていなかったのだが、藤野社長がその場に居合わせたサクセス社のコンポーザー「WASi303」氏に「オープニング楽曲を3日で作って♪」と依頼(無茶振り)、当時はまだ未発表の「ライデンファイターズエイシズ」のディレクション業務でムチャクチャに忙しいはずの「WASi303」氏が(ありがたいことに)これを承諾したため、初お披露目から3日後、現在の仕様となった。そして11月23日、「クラブセガ新宿西口」で開催された「シューティング ラブ。甲子園 」決勝大会において、「トライアングル・サービス 謎の新作」という触れ込みで、「射ウォッチ」の公式発表会及び試遊会が行われ、発表の際「射ウォッチ」はファンから拍手喝さいで迎えられ、続く試遊会でも好評を博した。連射装置の標準装備が当たり前の昨今、「ボタン連打のみ」というバカバカしいまでに単純極まりない内容にも関わらず、参加者全てが楽しそうに、笑顔でプレイしている姿がとても印象的であった。また更に、2日後の11月25日に開催された格闘ゲームクラブイベント「DF2」にて「射ウォッチを使った連射コンテスト」が行われ、普段はシューティングゲームに興味がなさそうな生粋の格闘ゲーマーたちも、熱くなってボタンを連打してくれた。

【テクニック&世界記録】
sya0004.jpg

<フォーム、椅子の高さ、ボタンの材質・・・連射道は奥が深い>

「射ウォッチ」はボタンを叩くだけの内容ゆえ、基本的にボタン1個でプレイ可能だ。しかし、厳密にはプレイの際、筐体に設置された「3つのボタン」全てが入力を受け付けているため、理論上、3つのボタンを同時押しせずに「擦る(こする)よう」に押せば、ボタン1個を叩くよりも俄然、速い記録を出すことができる。先の試遊会において「シューティング ラブ。甲子園 トライタワー予選代表 えす☆さま」選手が「擦り撃ち」で軽々と秒間35発以上の記録を出し、ギャラリーの度肝を抜いていた(「16連射」で有名な某名人の倍以上のスピード・・・つうか秒間30発のシンクロ連射装置よりも速い)。更に今回、「シューティング ラブ。200X」同梱特典「ナイスDVD2!」には「えす☆さま」選手による、人間の限界に挑戦した、凄まじい「連射映像」がドキュメントタッチに収録されている。こちらにも是非ご期待を。(おそらく世界記録です、速過ぎます)。

sya0005.jpg

<えす☆さまの世界記録映像はナイスDVD2!に収録> 

【射ウォッチの音楽】

sya_0002b.jpg

前述のとおり「射ウォッチ」のオープニングテーマは作詞作曲共に「WASi303」氏が担当しており、藤野社長からの「●ルト●警備隊や科●特●隊とか、わんだばっぽい曲」というリクエストから、あのような曲調(歌物)となった。楽曲のボーカルを担当しているのは、2007当時リリースされたばかりの「ボーカロイド-初音ミク-」となり、期せずしてアーケードゲームBGMとして「初音ミク」が使用された最初のゲームが「射ウォッチ」となった。※因みに「射ルトラマン」のボイスのほうは、藤野社長が担当している。また、「シューティング ラブ。甲子園 決勝大会」にて「WASi303」氏が前日徹夜で用意したという「射ウォッチ サントラCD」が優勝者に贈呈され、その後も、同サントラは、北海道の「ゲームショップ1983関連イベント」で少量だが再製作され、参加者などに無料配布された(多分、同サントラは全部で50枚も存在しない超貴重盤。トライアングル・サービス関連アイテムの中で、最も希少価値が高いと思われる)。

【射ウォッチ16】
sya0006.jpg

最大16人同時に「連射力」を測定できるゲーム、その名も「射ウォッチ16」。当作は「射ウォッチ」登場から約半年後の2008年6月、東京秋葉原で開催された「ゲームショップ1983東京出稼ぎイベント」のために開発された。当日は「射ウォッチ16大会」も催され大盛況となった。(因みに、このときの優勝者は「シューティング ラブ。甲子園」準優勝者「みうき」選手)なお、「射ウォッチ16」はWINDOWS用ゲームのため、「連射力」の測定は筐体のコントロールパネルではなく、「USBパッド」で行なわれる。

sya0007.jpg 

<これが射ウォッチ16だ!!>

【射ウォッチCD-ROM版】

nowprinting.jpg

只今、東京港区にあるゲームショップ「ファミコンショップ・マリオ新橋店」で「シューティング ラブ。200X」を予約すると、予約特典として「WINDOWS版 射ウォッチ」の収録されたCD-ROMを進呈中。予約期間は2月11日迄とのことなので、「射ウォッチ」に興味があるかたは、この機会をお見逃し無く!!!

 

「射ウォッチ」に関しては以上となります。10秒間ボタンを連打するだけのゲームなのに、ここまで長い紹介文を書くと思いませんでした(笑)。なんにせよ、「第二回 シューティング ラブ。甲子園」実現の際は「射ウォッチ大会」も同時に行う事で、より一層、多くの参加者を見込める予感がします。では、次回トラサビ列伝では、その他の「スピンアウト作品」や「バロップ!」について紹介記事を書きます、お楽しみに!!