マイナスゼロのバックナンバー

big_banner380.jpg

『マイナスゼロ』
これ以上減らす要素の無いといった意味のタイトルを冠したシューティングゲーム。

 マイナスゼロは元々Xbox360版『シューティング ラブ。200X』向けに新規作成したゲームです。200Xには『シューティング技能検定』『エクスジール』『トライジール』といった3種類のシューティングが有り、いずれも過去にゲームセンターや家庭用で登場していたものでしたので、どうせならそれ以外で新規のシューティングゲームも収録したいと思い他のゲームとは違う方向性を目指し製作したものです。
 もちろんXbox 360がターゲットだったので、Xbox 360のコントローラやスティックで遊び易いような設計で作ったのですが、それをタッチパネルを備えたスマートフォンで動かす事想像してみると...
 スクリーン上で指をスライドして自機を動かし敵や敵弾をロックオンして指を離すとショットを放つ。
 まるで最初からスマートフォン向けに考えたゲームみたいだなと思ってしまいました。

そんなシューティングゲームのアンドロイド版出来ました!
詳細はコチラ

こんにちは、葛飾区のネイチャーです。サイン会、とても貴重な経験でした。運営に関わられた皆様に心から感謝申し述べます。

先日発売された200Xのオリジナルサウンドトラック。買うお店によって特典が3種類あります。私は違いのわかるラジオ特別編(@ゲームショップ1983さん)を選んだのでマイナスゼロDVDを手にすることが出来なかった訳なのですが、この度、幸運にも見る機会を頂戴できました。やりましたよ。

いや、こりゃ攻略的にもゲーム開発者トーク的にも面白いDVDですが(カンスト談義とかプレイ時間談義とか)・・・ちょっと前に開催されていたマイナスゼロインターネットスコアランキング大会に参加していた身としてもきわめて興味深い内容でしたので、DVDの内容に関する私の当て推量を記事にしてみます。

合ってるかどうか判らないけど間違ってたら指摘して下さい。

==

その1、えす☆さまのプレイと私のIRプレイと、本質的なところは変わらないようでやっぱ違います。1面をどこのレベルで終えるか、といったところも違うのですが、何より違うのは2面の頭の早回しです。2面の頭で、出現する大丸を素早く破壊することで、「早回しで最大6つの大丸が出る」、とのことなのです(私はその早回しを認識してなかったので最初の1大丸だけ破壊してあとは待機してました)・・・。

ただ、このマイナスゼロは、自機から射出するミサイルの初出角度がランダムなので、ミサイルの角度と敵との位置が近すぎたりすると、ミサイルが敵の周りをクルクルと、地球を回る月のように旋回してしまって着弾が遅れる訳なのです。

・・・DVDを見ていると、えす☆さまは、ロックオンしてからミサイルを射出するまでに一度敵から離脱している。敵と自機の距離を離すことで、ミサイルがどういう射角であっても敵にスンナリ向かうようにしている訳なのですな。こりゃ凄いですよ奥さん。知恵ですがな。実際に狙う場合なら、「2面の頭で大丸を5つ倒した後、次に大丸が来れば成功、赤丸だったら遅れた」と判定することになるのでしょうかね。見たところでは、6個出しは安定しそうな気もします。(今挑戦してみたら、6個出しは一発で成功しました。それ以前にレベル1で死にまくりましたが。)

3面のヘビ地帯第二波くらいでスコアが160万点くらい出ていた気がするので、IRの270秒タイムアタックでもこの前後のスコアが出るのかもしれません。2億点を出すだけだけなら序盤の素点上げは必要ない気もするので、えす☆さまはこのDVDで、IRのパターンも提示して下さってるんだろうなあ、と思いました。

==

その2、レベル5以降の敵の挙動に関して。レベル5の、敵出現テーブルの最初に位置し、高速8WAY弾を撃ってくる怖い奴、通称「グルグルくん」ですが、DVDを見ていて、こいつの周囲の小玉を自機が連続ロックオンしている最中はこのグルグルくんが高速弾を撃ってこないということに気付きました。

「あれ?・・・社長はまさか、『自機がこの小玉を連続ロックオンしている最中はグルグル母玉が弾を放たない』ようにプログラムしているのか!?なんか面倒くさそうなプログラムだ!」と最初は思いましたが、見ているうちに、どうやら単純に「グルグルくんはまず3回+ちょっと間をおいて1回弾を放ち、その後しばらくの間は弾を撃たない。そして暫くしたら、発狂に移行する」だけっぽいことが判りました。

「こーなってる」ということは、「こー作ってる」以外に考えられない訳で、多分ですが、ロックオンしたくても敵弾がウザくてロックオンできなくてイライラするようなことがないように、社長はこの攻撃空白時間を設けたのではないでしょうか。多分ですけど。

ゲームの調整って、「この調整部分をプレイヤーが意識的に利用しないと上手く遊べないもの」と「プレイヤーはこのことに気が付かないけれども、この調整のお陰でプレイし易くなってるもの」とがあると思うのですが、後者の調整の存在に気付くと嬉しくなりますね。ゲームというのは膨大な知恵の泉だなあ、と心から思います。合ってるかどうかは知りませんけど。

Results :  -0 Score Attack
―in acknowledgement of the first anniversary of Shooting Love 200X release―

『シューティング ラブ。200X』発売1周年感謝企画
-0 スコアアタック終了しました。
沢山の御参加ありがとうございました。
In acknowledgement of the first anniversary of Shooting Love 200X release:
-0 Score Attack has been finished.
I really appreciate having many participants in this event.

 

とりあえず1位のえす☆さまは辞退されましたので、その分繰り上げで上位3名の方はコチラ
1位 全角
2位 yoskq
3位 Skyline
別途ご連絡差し上げます。
The winner "esu(star)sama" has declined to receive the prize.
As a result, the top three players are:
  1st : zenkaku
  2nd: yoskq
  3rd: Skyline
I will get in touch with each of these players later.

特別賞  最多プレイ数賞 IL さん
Secret Prize (Most Tries Award ): IL

ネットランキング TOP 10 はコチラから
The Result Top10 is Here.

暫くしましたらネットランキングへの登録が再び可能になるようにしますので、引続きお楽しみ下さい。
After a while you will be able to enter net-ranking again. I hope you'll enjoy it again.


また、機会がありましたらこのような事をしたいと思います。
それではまた。
I would like to hold an event like this if I have a chance.
SHOOTING LOVE!

トライアングル・サービス 藤野
T.Fujino (Triangle Service)

ごぶさたしてます。えす☆さまです。

 

まだまだスコア更新が続くシューティングラブ2007。

そして家庭用のシューティングラブ200X。

皆様楽しんでいらっしゃるでしょうか?

 

私はマイナスゼロばかりプレイしています。(アーケードの方は聞かないで下さい)

しばらく前に1億点がフリーズしてから1ヶ月。

絶不調な時期をなんとか抜けて、やっとチャンスが巡ってきました。

 

危険地帯を抜けて、比較的安全な部分をやり過ごすと・・・

 

 

ごぶさたしてます。えす☆さまです。

 

まだまだスコア更新が続くシューティングラブ2007。

そして家庭用のシューティングラブ200X。

皆様楽しんでいらっしゃるでしょうか?

 

私はマイナスゼロばかりプレイしています。(アーケードの方は聞かないで下さい)

このゲームには終わりが無いので、まだ先へ、もうちょっと先へとやっていたら、いつのまにか9000万点を超えていました。

ここまで来たらもう狙うしかないでしょう。

 

「い ち お く 点」

 

超高速弾の対処方法や、出来るだけ無敵を切らさないような敵の倒し方、そして単位時間あたりに出来るだけ多くの敵を出現させるなど、少しでも目標到達に近づけるよう考えました。そして練習。

 

その努力が実る時。それは唐突にやってきました。

風呂上りにパンツ一丁でとりあえず1プレイ。

途中に危なっかしい所もありましたが、自己ベストの9700万点を突破し・・・

 

 

キタ----------!!

100,968,720点(素点14,720点)

 

で、安心しきったのかすぐにミス。

 

って、あれ?

NOW LOADING で止まっちゃったんですけど・・・。

 

 

 

しゃ、社長~~~~~~(泣

 

さて、攻略最終回です!
いよいよマイナスゼロ本番LEVEL5の攻略をしていきたいと思います!

LEVEL5

いままでの総決算。これまでで学んだ大玉のパターンを活かして出来る限り長く生き残ろう

正直LV5まで来るとクリアという目標がなくなりますので、クリア、稼ぎ攻略は同じとみてください。
あ、実績が取れたら一応の区切りかな。でもそこで終わるにはもったいないぜ!
それでは攻略開始!!


クリア重視攻略。稼ぎ重視攻略。

登場する敵タイプ。
『LV2の分裂大玉』
『LV3の吸い込み大玉』
『LV4の大玉ver』

LV4の大玉は特大サイズではなくノーマルサイズでのご登場です。
パターンも若干違っていて、画面外から攻撃しつつ画面中央までやってきます


LV5の基本的な流れ。
何度も言いますが終わりません。時間経過と共に敵の弾速が上昇。
いつも通り無敵時間を駆使するのはもちろんですが、難度が上がるにつれ無敵に突入するタイミングがどんどん難しくなります。

敵の出現テーブルですが開幕出てくるパターン以外、出現するタイミングは若干違いますが数は同じです。つまりパターンにハマってしまえば後は繰り返すだけ!

開幕専用出現敵
『分裂くん』→『吸い込みくん』→『吸い込みくん×2』→『吸い込みくん×3』
実は難所。
安全な攻略法としては、開幕の『分裂くん』を破壊せずに勝手に分裂するのを待つ
中玉状態でも待っておきます、すると上から『吸い込みくん』がやってきます。これが合図です、LV3のパターンを駆使して、『吸い込みくん』を破壊、そこから小玉を破壊して無敵コンボを狙いにいきましょう
うまく決まれば『吸い込みくん×3』まで無敵が継続します。

ただ確定ではありません。無敵のスキマが発生し被弾してしまうこともあります
私もここでよく失敗します。かなりガッカリします。

開幕のパターンが終了するとこれからは

グルグルくん×6体
分裂くん×4体
吸い込みくん×4体

が合計で出てくるパターンが繰り返されます。
こう書くとややこしいですが、実際に見るところといえばその1サイクルが終了する前の
『吸い込み×2』+『分裂×2』→『吸い込み×2』の部分だけです。
このパターンで敵が出現したら1サイクル終了のお知らせだと思ってください
次はまた『グルグルくん』が出てきて以下繰り返しです。

ここで重要なのが、次のサイクルが始まる前に敵をすべて破壊すること『これは必須課題です』
次のサイクルをまたいで前の敵が存在すると違うタイミングで放たれる弾に高確率で被弾します。
ただでさえ難度が上昇すると弾が見えなくなるぐらい早くなるのに、タイミングの違う二つの弾を回避しながらロックオンは不可能です。以下図で説明。

ぜろ7.jpg

左の図は同じタイミングで撃つ弾。

おなじタイミングなので横に少し移動すればOK。

右の図は悪いパターン。

左の弾を避けたものの、次に大玉が撃つ弾が危険。たとえこの大玉の弾を避けても、次に左の小玉が弾を撃ってくるので避けることを余儀なくされる。小玉は残したらダメ

 

生き延びるコツ。
LV5のコツなんですが、難度が上昇しようとも敵の動き、パターン自体は変わりません。弾速だけ速くなります
なので高難度時は非無敵時に『弾を撃たせる敵を限定させる』ことが最大のコツになってきます。
『吸い込みくん』や『グルグルくん』の小玉は基本的に残すことは許されません。
こいつらの放つ弾は直線的かつ撃つペースが速いので大変危険になってきます。

非無敵時に発射を許される弾は
新しいサイクル開始時の『画面外からグルグルくんが撃つ弾』
1サイクル終了間際の『分裂くんのバウンド弾』

この2つです。
特に次のサイクル開始時の『画面外のグルグルくん』が撃つ弾はどうしようもありません
これをいかに避けるかでマイナスゼロの生存率が変わってきます

 

『グルグルくん』対策
ぜろ5.jpg
画面外からいきなり弾をぶっぱなしてくるので、弾を見てから避けるのではなくあらかじめ避ける準備をしておきましょう、基本的に横に移動していれば大丈夫です。
弾を避けつつグルグルくんが下に来るのを待ちます。ある程度下りてきたら、タイミングよく、切り返してグルグルくんの撃つ全方向弾を一方方向に避けつつ周りの小玉をロック&ショットしていきます。無敵も発生しだすので安心。

 

ここで重要なのが、グルグルくんの小玉を本体を倒す前にすべてロック&ショットしてください。
グルグルくん本体を先に破壊してしまうと小玉が画面に散ってしまい、次に出てくる敵と相まってとんでもないことになってしまいます。なので小玉をさきにロック&ショット、後に大玉をロックショットすると確実。

『分裂くん』の小玉が放つ、バウンド弾を有効活用。
このタイプの敵をサイクルの最後に残しておくと格段に生存率がアップします。最後に残すように意識していきましょう

バウンド弾の性質は前にも言いましたが『壁に3回バウンドしないと消えない』こと
ぜろ6.jpgえ?3回もバウンドするのかよ!ウゼー!と思ったあなた!それは違います『3回もバウンドしてくれる』のです。

敵弾の発射感覚が短くなる後半になってくるとノーマル弾を撃ってくる敵を最後に残すことは脅威的です、近づくスキがまったくありません。
ただしバウンド弾を撃つ敵は弾がバウンドしている間、『何もしてきません』これが最大のポイント!
発射感覚がいかに速くなろうとも3回バウンドするとなると、ノーマル弾よりもはるかにスキが発生します
うまく敵に弾を発射させて、壁にバウンドしている間に敵にロックオンしにいきましょう。


無敵時にうまく敵を倒すには
これは私の感覚ですが『画面端に近い敵をロック』していくのが長く無敵時間が続くコツではないかと思います
敵が固まっている中央付近で一気に大量ロックオンするとそれだけ無敵でいられる時間が少なくなるのではないかという予想です。小玉と小玉を線でつないでいく感覚でロックしていくのもいいかもしれません


基本点の底上げ。
LV5で長く生き残れるようになってきたら。LV1~LV4までに基本点の底上げにもチャレンジしてみましょう
普通にプレイすると基本点が700点ほどでLV5に到達します。
しかし前のLVで基本点の底上げをしておくとLV5到達時に基本点が2000点を超えていることがあります

LV5開幕の基本点が700点と2000点
LV5を同じぐらいの時間生き残った場合は・・・おわかりですね


プレッシャーに勝つため。
ある程度進めるようになってくると今度は自分のプレッシャーとの戦いです
この手のゲームはハイスコアに王手がかかる瞬間にミスが発生しやすいのですねぇ

そこで私が見つけた方法は
『スコアに目隠しをする』(笑)
現ハイスコアをたたき出した瞬間にやってました、ゲームオ-バーした後に紙をめくったら500万近くスコア更新してて笑いました。ハイスコアを意識するからダメになるんだ・・・
マイナスゼロはLV5を長くやっていると時間の感覚がなくなるので、唯一時間を感じさせるスコアの意識を取り払ってやることで自分の内に秘めた能力(チカラ)が覚醒したのかもしれません

 

・・・以上で攻略終了です。いかがでしたでしょうか?

最初はここまでパターンは見つけてなかったんですが、記事を書いていると新たな面白さを知り、脳内麻薬がでるほど楽しくなってきたので狂ったように攻略しはじめました。

その結果、現1000万オーバーのスコアが出たので攻略が実を結んだかなと思います

一気に考えを詰め込んだのでわかりにくい部分もあったと思いますがお許しを、ただやってて思ったのは基本さえ理解すれば結構簡単ですぞ。

脳みその片隅にでもこの記事のことを置いておいて、私のリプレイやマイナスゼロをプレイした後に見てもらえればより理解出来るかもしれません

そして今回唯一の心残りは全体ランクが存在するかどうか!でした
たまに『おや?』と思う箇所があったんですがなんとも・・

技能検定やエクスジールの影に隠れがちの『マイナスゼロ』ですが、他に負けないほどおもしろい作品です!今回の記事で少しでもプレイしてくれる方が増えてくれれば幸いです!

最後に一言!『マイナスゼロ プラスラブ!』

| コメント(0) | トラックバック(0)

みうきです!前回に続いてマイナスゼロの攻略です。今回はLV3~LV4までを攻略していきます

LEVEL3

LV2に引き続きこのLV3も今後LV5を攻略する上で重要なポイントです
しっかりと敵パターンを把握しましょう

登場する敵タイプ。
『吸い込み大玉くん』

基本行動『画面外から自分の中心に小玉を集める。その後小玉は大玉の周りを回る』
発射する弾『一定時間で全方向弾発射』
倒すと『小玉が散らばり、画面上を徘徊しながら弾を発射してくる』
ポイント『小玉だけをすべて倒すともう一度画面外から小玉を吸い寄せてくる

クリア重視攻略。
開幕画面の上から連なった小玉が列を組んでやってきます。
この小玉群は3組やってきますが、小玉達は列を乱さないので簡単にフルロックできるはずです。
逃した場合は一定時間画面をうようよして画面下の領域まで侵入してきます。弾も撃ってくるので早めにやっつけてしまおう。

さて、小玉群を3組倒した後はマイナスゼロの壁『吸い込み大玉くん』の登場です
このタイプの大玉は後々LV5で散々悩まされるのでLV3で対処方法をマスターしましょう

吸い込み大玉は始め一体づつ登場します。一体の場合の避け方は二種類あります。

ゼロ2.jpg

 

避け方その一。小玉のスキマ避け
読んだまんま、小玉が完全に吸い寄せられる前に下に抜ける方法です。
すこしでも間違えると小玉に接触してしまうが、慣れてしまえば簡単。

この避け方の利点としては小玉が散らばらないこと。
小玉のスキマを避けた後は大玉が小玉を完全に吸い寄せたタイミングを見計らって大玉もろともフルロックが可能なのでいっきに敵を倒せます

 

 

避け方その二。無敵時間を利用して逃げる
ぜろ3.jpg正直これでいいような気もしますw
もちろん問題もあって、大玉を始めに倒してしまうから小玉が画面全体に散る可能性が非常に高いです。
運悪く事故する可能性も・・・

ここまで言っておいてなんですが
ぶっちゃけるとその二しか今後使いません
なぜならばこれからこの吸い込みくんが登場する時は二体同時出現だからです
その一は個人的に好きなパターンなので書いてみました。LV3以外ではほとんど使いません

では二体同時吸い込み大玉のさばき方。
これは必ずマスターしてください。

ぜろ4.jpgまず、2体の大玉が出てきたら2体ともロックします。
次に完全に小玉が吸い寄せられる手前でショットを発射して下に下がります。ギリギリまで引き寄せるのではなく、余裕をもってショットを発射しても間に合います。0.5秒は以外に長いので

基本はこれでOKです。理屈は簡単ですが大玉を破壊したタイミングにより小玉が大きく散らばるので危険。その後は次の大玉が出るまで小玉本体と小玉が撃つ弾に注意してください。

ある程度しのげば次の大玉がでてくるので、そこから無敵連鎖タイム発動。でも敵が少ないので気をつけること。2~3体ロックしたまま次の大玉を待ってみるのもオススメ
やばくなったら無敵で逃げる保険ですな

実はLV5では小玉が多く出現するのでLV3の時よりも簡単に対処できたりする。

稼ぎ重視攻略。
はっきり言って危険です。
大玉に完全に吸い寄せられた小玉は大玉の周りをグルグルと回り始めます
その小玉のみを破壊するともう一度大玉が小玉を吸い寄せてくるので稼げるのだが・・・
あのラッシュの中で小玉のみ破壊して再び画面外から小玉がやってくることを考えると二重危険!事故多発!腕のある方は試してみてください。ボクはあきらめました

あ、このLVでも赤玉発狂基本点上げは忘れずに。
ただし赤玉の撃つ弾の難度が上がっていますので注意せよ。見切りは大事ですぞ


LEVEL4
LV1の次に簡単ではなかろうか、このステージ。
ただし稼ぐ場合は重要なポイントになってきます。

登場する敵タイプ。
『グルグル特大玉くん』

基本行動『始めは極小サイズだが破壊、もしくは一定時間たつと大きくなり、自分の周りに小玉をグルグル回し始める』
発射する弾『一定時間で全方向弾発射』
倒すと『小玉が散らばり、画面上を徘徊しながら弾を発射してくる』
ポイント『小玉だけ倒せば何度も大量の小玉を生成する

クリア重視攻略。
極小玉が大きくなった瞬間に接触しないように気をつければ、後は簡単。
ただし特大玉を先に破壊してしまうと小玉が大量に散ってしまうので、先に小玉をフルロック。のちに大玉にロックで大安定。
このスタイルはマイナスゼロの基本かもしれませんね。なるべく小玉を徘徊させないのが重要。

稼ぎ重視攻略。
この特大玉は通常では考えれないほど小玉を生成するので稼ぎの大チャンスです。
小玉のみを破壊してガンガン点数を増やしましょう

赤玉発狂稼ぎ中も小玉を破壊しつつおこなえば無敵時間の維持もできて長く生き延びることができます。その分無敵が切れた瞬間は地獄をみることになりますけども


今回はここまで!
次回はいよいよ本番、LV5の攻略をおこないます!

| コメント(0) | トラックバック(0)

ども、みうきです。
これからは各レベルの攻略をしていきたいと思いますのでヨロシク。

攻略ですが、とりあえず簡単にクリアするパターンと稼ぎ重視の方法を書いていきたいと思います。
つたない文章ですがよろしくおねがいします


LEVEL 1

基本的な操作を学ぶステージ。基本的な操作といっても自機操作とAボタンだけなので初めて触る方でも特に問題がないとおもいます。
なので無敵の持続時間や、ロックオンまでの時間などをつかんでいく感じで。

登場する敵タイプ。
『大玉くんプロトタイプ』勝手に名前付けましたw
このタイプは全レベルでもこのLV1にしか登場しません。

基本行動『グルグル回る小玉を自分の中心から広げたり集めたり』
発射する弾『一定時間で全方向弾発射』
倒すと『小玉が散らばり、画面上を徘徊しながら弾を発射してくる』
ポイント『小玉をすべて倒すと再度小玉を生成する

クリア重視攻略。
さすがにLV1だけあって難度は低いですが、ロックオンに気をとらわれていると目の前にいきなり弾が飛んできたりするので注意。敵が少ない分無敵になっている時間がすくないので意外と事故りやすい

大玉の中心にカーソルを合わせて待っておけば、小玉が中心に集まるので大玉も小玉もすべて一網打尽にできる。が、なるべく早く行わないと大玉が全方向弾を撃ってくる。
このパターンで大玉を倒すと小玉がすべて倒されるまでに大玉が倒されて若干小玉が残ります。残った小玉はロックオンされている状態なのでそのうち撃破されますが、その間弾はしっかり撃ってくるので気をつけてください。
大玉だけ倒した場合は小玉の撃ってくる弾に気をつけながら個々撃破すればOK。無理に無敵連鎖を狙わなくてもいいです


稼ぎ重視攻略。
大玉を残して出来る限り小玉のみをロックオンしていく。
小玉をすべて倒すと大玉は新たにもう1セット小玉を排出してくるので稼げる。

LV1のみステージ開始直後は数秒間基本点が上がらないので開幕の小玉をすべてロックオンして待つ
基本点が上昇し始めたらショット発射。あとは赤玉ちゃんが発狂する手前まで出来る限り小玉をだけを撃破していこう。

赤玉発狂稼ぎ。
基本点が一定まで高まると赤玉ちゃんが発狂しだします。
発狂すると弾を撃つ感覚が恐ろしいまでに早くなり、本来進入してこない領域にまで入ってくるようになります。(これは全LV共通)
どこまで粘るかがポイントで、ここで基本点の底上げをしておくと後々からの点の入り方が全然違うので自分の腕前と相談しながらギリギリまで避け続けよう。
ただし950点ぐらいで自爆すると思います(未確認)。生きて到達したことがないのでなんとも言えませんが、ゲームオーバーの画面をずっと見ていたら950点あたりで自爆していました。

 

LEVEL 2

のちに重要になってくるステージ。
ここにでてくる敵はLV5でかなりお世話になるので要練習。安定して抜けれるようになりましょう

登場する敵タイプ。
『分裂大玉くん』
基本行動『なにもしない、一定時間放置していると分裂』
発射する弾『大玉時は弾を撃たないが、小玉になるとバウンド弾を撃つ』
倒すと『中玉が4つ発生。中玉を倒すと小玉が8つ発生』
ポイント『小玉が多く発生するので無敵連鎖がやりやすい』

クリア重視攻略。
始めの内はバウンド弾はバウンドしませんが、一定時間たつとバウンドするようになってきます。
中玉にロックカーソルを合わせたまま破壊すると発生する小玉8つすべてにロックオンできますが、他の中玉にもロックオンされる可能性が高く危険です。

私がオススメする方法は、まず大玉を破壊して中玉を4つ発生させる。
中玉4つすべてにロックオンしてから画面下まで逃げショット発射。すると小玉が画面全体に広がります
そしてすぐ小玉を破壊しに行くのではなく、次の大玉が出現するまで待ちます。
大玉が出たらすぐにロックオンして画面下まで行きショット発射。これで準備は整いました。

ゼロ1.jpg後は小玉が2体ほど集まったポイントにロックオン→ショット発射して無敵を発生させます
その後はAボタンを連打しながら恐れず突っ込んでください。見る場所は自機ではなくロックカーソルを意識。
自機を画面中央付近で大きく一方方向にグルグル移動しているだけでなんとかなります。ロックの届かないところにも敵が行くと思いますが無視してください。その内上がってきます。

赤玉が見えたら最優先でロック。その後もボタン連打しつつグルグル回っておけば赤玉がやられます
これでこのレベルクリアです。

大体これでなんとかなりますが、無敵が運悪く切れる場合もありますので確実ではありません
その場合は今後のためにも爆発エフェクト中にロックされてない敵を見る。ことを覚えましょう
内側の敵よりも画面の外側に近い敵からロックしていくことがコツかも。あまり離れすぎると無敵が切れますから慣れるまでは無理にしなくてもいい。


稼ぎ重視攻略。
LV2の稼ぎは敵の性質上無理です。なので赤玉発狂で基本点を上げることにしましょう。
小玉をすべて倒したら、LV1と同様に出来る限り発狂を耐えてください。
注意しないといけないのが小玉を倒しているさい、爆発エフェクトに隠れてしまった赤玉をロックオンしてしまうことです。こうなった場合はあきらめましょうorz


今回はここまで!
LV2はマイナスゼロの基本ともいえる無敵コンボの練習には最適です。
うまく処理できるようになってください。なんせLV5ではこれが延々続きますからw

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちわ、そしておひさしぶり、みうきです。

家庭用が発売されて早一ヶ月、みなさんラブ漬けですか?
いろんなゲームが収録されているラブ200Xのなかでも異彩を放っている、アブストラクトシューティング マイナスゼロが個人的に超ドツボで毎日寝る前に『ちょっとワンプレイ・・・』で寝るタイミングを失っています

そのマイナスゼロで試行錯誤を重ねていたところにお声が・・
『マイナスゼロの攻略記事書きませんか?』
なんということだ、そのときはまだパターン構築中でたまたまランキング上位にはいれただけなのに・・恐るべしINH・・・・

攻略記事となれば中途半端なものは許されない、せめてプレイの参考になるものを・・・と脳内で考えていたパターンを実行しあれよこれよと試行錯誤した結果ランキング一位になったのでホッとしました。
これならば大丈夫だろうと今回の攻略記事の件を引き受けた次第
もっとも、私のパターンは未熟でもっともっと改良できるポイントがあると思いますので、みなさまにはこの記事を参考にマイナスゼロの高み・・いや深みにはまっていただきたい。
まあ難しいことを考えずにガシガシやるだけでも気持ちいいですけどw

今回は初回ということで基本的なシステムを攻略
あくまで個人で調べた事なので違っててもカンベンしてください

ルール。
出来るだけ敵を倒しつつ、長く生存してアドレナリン指数(得点)を稼ごう。
基本はショット発射中の無敵時間を利用し次の敵をロックショットor倒して無敵時間を継続させること
1ミスで終了。LV1~4までは赤玉を倒すとレベルクリア。LV5からは難度が上昇し続け、終わりなき旅が始まる予感。


無敵時間を知る。
マイナスゼロはショット発射時と敵破壊時に若干の無敵時間が存在します。
ショット発射時の無敵時間はおよそ0.5秒。自機が光に包まれている瞬間です
0.5秒というと少ないように感じるかもしれませんが、実際は画面端から画面中央まで無敵のまま移動できるぐらいの猶予があります。(横移動での話)

敵破壊時の無敵時間ですが、これはショットの動きが読めないこともあり私個人では計測できませんでした。ただ画面を見れば無敵かどうかはすぐわかります。
よくマイナスゼロを見た方は爆発でなにが起こっているかわからない、といいますが、この見づらい爆発エフェクト中こそが敵破壊中の無敵時間です。
ただし、上記のショット発射中の無敵時間よりショットの性質上いつ敵を破壊するかわからない分狙って無敵は無理くさい。

ロックオンのラグ。
ロックオン→ショット発射までの時間がもっとも危険で、大体ロックオンしている最中に被弾することが多い。ショットを発射した後、次の敵にロックオンしたにも関わらず死んだ場合もこのロックオン中の悲劇。
無敵の中ほどで新たにロックオンを開始するとロックオンが完了するまでに無敵時間が切れるのが原因。なので敵が少ない状況でロックオンする場合はむやみに突っ込むことはよそう、そういう場合は無敵が切れてもいいようにあらかじめ弾避けしておくと生存率は上がる

スコアシステム
左下の数字が現在、敵を破壊したときに獲得できるスコアです。LV1~5まで共通で2秒に10点ごと基本点が上昇していきます。
調べてみたのですが基本点は1万超えるようで・・・単純に長く生き延びればスコアはそれだけ上昇するでしょう。
対象にロックオンすると基本点に関係なく10点加算。

絶対領域の存在
自機のロックカーソルよりも下にいる敵にはロックオンできません。
つまり画面下にはロックオンできない場所が存在します。
この領域に入ってくる敵は
1『敵弾』。2『大玉を撃破したときに散らばった小玉』。3『大玉に吸い寄せられる小玉』。
4『発狂時の赤玉』。の4つ。注意すべきは2と3
親を失った小玉は弾を撃ってくるので小玉が画面下にいると非常に厄介です

これ以外では敵がこの領域に侵入することはありません。
基本この領域より上に敵が停滞するようになっているようです

敵弾について
敵弾は2種類あります。ノーマル弾とバウンド弾、すべて自機狙いです。
なので敵が弾を発射した後その場から動いていれば被弾はしませんがバウンド弾は壁に当たって跳ね返ってくるので注意が必要。
バウンド弾は画面端に3回跳ね返り次に画面外に消滅します。このあいだバウンド弾を発射した敵はなにもしてこないのでうまくバウンド弾の性質を見切ればノーマルの弾を撃つ敵よりもはるかに処理がしやすくなります。特にLV5では重要。←テストに出ます

赤玉ちゃんについて
LV1~4まで存在する赤玉ちゃんは倒すと画面上にいくら敵が存在してもそのLVは終了。
一定時間たつと発狂し、時間経過と共に弾を発射する感覚が短くなります。危険ですが赤玉だけを残し、発狂を避け続けることで各LVで基本点の底上げが可能。、(基本点が一定値までくると自爆するみたいです)

人的なこと
部屋は出来るだけ暗く、ヘッドフォン装着でさらに気持ちよくなる
アーケードスティックよりもパッドのほうがやりやすい
あまりやりすぎると目を閉じても黄色い玉がグルグル回りだす
振動に対応してほしかったかな

 

今回はここまで!
まずは爆発エフェクトに隠れてしまう自機を感覚で操作できるようになりましょう。
次回から各LVについて攻略していきたいと思いますので、それまでの宿題!

| コメント(0) | トラックバック(0)